【Eleaf】iJust3 スターターキットレビュー

HELLO VAPERS!!!

皆さんこんにちは!本日ご紹介するのは【Eleaf】iJust 3です!

実は以前このブログで紹介した【Eleaf】iJust “S”の後継機なんですよね~。

iJust Sスターターキットランキングにランクインするほど素晴らしい商品だったので今作にも期待できますね!

それではまずスペックからどうぞ~。

スペック

ELLO Duro(アトマイザー)

  • アトマイザータイプ : サブオームタンク
  • 直径 : 28mm(バブルタンク使用時)
  • リキッド容量 : 6.5ml
  • リキッドチャージ : トップ
  • エアフロー : ボトムエアフロー
  • 510ピン : 調整不可(メカニカルMODでの使用はオススメしません)
  • ドリップチップサイズ : Oリング付き810(510ドリップチップアダプター付属無し)

iJust 3(MOD)

  • サイズ : 直径25mm x 高さ86mm
  • 重さ : 100.7g
  • バッテリー容量 : 3,000mAh
  • 最大ワット数 : 80W
  • 対応抵抗値 : 0.1Ω-3.0Ω

開封



中身はELLO Duroアトマイザー、iJust 3 MOD、スペアガラスタンク、スペアコイル、マイクロUSBケーブル、スペアOリング、スペアガスケット、ユーザーマニュアル、Attentionカードです。

レビュー

まずはアトマイザーから見ていきましょう!

510ピンはすこーしだけ出ていますがメカニカルMODでのご使用はオススメしません。

エアフローホールはかなり大きいので全開にすればスッカスカになりそうですね。

分解すると↑のようになります。サブオームタンクとしては標準的な3ピース構造です。

ストレートタンクを付けると↑の様なルックスになりますが個人的にはバブルタンクの方が好みです。

リキッドはトップチャージです。↓の様にトップキャップ部がスライドするようになっていますので便利ですよ~。

付属のコイル↓は0.15Ωで推奨ワット数は50-100Wです。

素材はなんとカンタルのメッシュです!

スペアコイル↓は0.2Ωでこちらもカンタルのメッシュです。


ドリップチップ↓はOリング付きの810サイズです。

素材は何ですかね??アクリルでしょうか。

それでは次にMODを見てみましょう!

510は勿論スプリングローデッドです。

MOD底部にはベントホールが一つ付いています。

↓が充電用のマイクロUSBポートです。充電能力は最大1Aまでです。

ファイヤーボタンは程よいクリック感があって押しやすいですね。

それでは吸ってみましょう!

まずはエアフロー全開で。

スーーッ スパーーーッ スーーッ スパーーーッ。。。

いやーースゴイですね!スッカスカです。

ただメッシュコイルなのでスカスカの割には味が良く出てます。

ベイパーの量は、、、そりゃあ凄いですよwww

やっぱりメッシュコイルっていいですね!

それではエアフローを半分閉じてみます。

スーーッ スパーーーッ スーーッ スパーーーッ。。。

ほーー。こちらの方が個人的には好みです。

因みにこのドリップチップ結構いい感じですよ。

まとめ

まずはこのルックス、かなりカッコイイと思いませんか??

こんな事を言うと失礼かもしれませんが、、、これまでのEleaf製品はどちらかといえば低価格でシンプルな作りの物が多かった印象があるのですが本商品は洗練されたカッコよさがありますよね。

ルックス以外で良かったと思う点は他にも

  • メッシュコイルが優秀で味が濃く、ベイパーの量も文句無し
  • リキッドチャージが簡単
  • バッテリー容量が3,000mAhと大容量
  • ファイヤーボタンが押しやすい

等がありますかね。

気になる点は、、、あまりにもコイルがパワフルなので初心者の方は最初むせてしまうかもしれないという事ぐらいでしょうか。

スペアのコイルも試してみましたがコチラもかなり美味しく吸う事が出来ましたよ。

どちらも普通に吸っていれば最低1週間は持ちそうですし、スピットバックやリークもありませんでした(MAX VGのリキッドを使用)。

因みにベプログさんではなんと5,980円(2018年7月14日現在)で販売されていますのでご興味のある方は是非!

商品ページは↓から
iJust 3 スターターキット【Eleaf(イーリーフ)】

今回も最後までお付き合い頂きありがとうございました。

また次回お会いしましょう!さようなら~!

スポンサーリンク