Joyetech eVic Primo 2.0 (MOD)

0
1290

ベイパーの皆さんこんにちは!管理人のVape Masterです。

今回は現在人気沸騰中のJoyetech eVic Primo 2.0をご紹介致します!

最初に言っておきますが、、、最高ですwww

 

スペック
  • MODタイプ : テクニカルMOD
  • バッテリー : 18650バッテリー2本
  • サイズ : 53.00mm x 26.00mm x 84.00mm
  • モード : VW(出力調整)モード、温度管理モード(ニッケル、チタン、ステンレス)、TCRモード、SMARTモード
  • 最大出力 : 228W
  • 対応可能抵抗値: 0.1-3.5Ω (VWモード)、 0.05-1.5Ω (温度管理モード)
  • 充電 : Micro USBケーブル(USBパワーまたはアダプターを使用してコンセントから)、外部充電器から (推奨)
  • ファームウェア : アップデート可
  • その他機能 : 過充電保護、過放電保護、バッテリーショート保護 など
  • 付属品 : 本体、Micro USBケーブル、説明書(英語)
  • カラーオプション : レッド、イエロー、ブルー、シルバー、ブラック&シルバー、ブラック&グレー、ブラック&レッド、ブロンズ(レビューした商品はブラック&シルバーです)
レビュー

まずは基本操作です。

ファイヤーボタンの5クリックでオンオフを切り替えできます。

モードチェンジは電源がオンの時にファイヤーボタンの3クリック+右ボタンで行います。

温度管理モードについては下記のようにセットします。
まずファイヤーボタンを3クリックするとメニューが点滅しますので右ボタンで”POWER”、”SMART”、”TEMP”、”TCR”を切り替えます。

”TEMP”を選択した後、左ボタンをクリックすると”NI”、”TI”、”SS 316”が選べるようになるので右ボタンでお好みのモードを選択してください。

温度管理モードではもちろん抵抗値の固定や電力値(ワット数)の調整ができます。

この操作はPREDATOR等他のMODとあまり変わらないですね。

ちなみに本作は時計を表示させることもできるので便利ですね。

VWモードではスクリーンに電力値(POWER)、電圧値(VOLT)、抵抗値(COIL)、電流値(AMP)、それぞれのバッテリーゲージ(1、2)が表示されていますね。

写真でもお分かりのようにスクリーンは明るくて見やすいです。

個人的にはJoyetechのフォントが一番カッコいいと思います。

バッテリードアは下記のようになっており、電池の出し入れは楽ちんです。

510ピンはスプリング付きです。
私が所有するアトマイザーは全て問題なく使えています。

ちなみに直径が25mmのアトマイザーでもMODからはみ出ることはないです。

総評

いやービックリしましたよ(笑)

昨日までPREDATORこそ現在NO.1のMODだと思っていました。。。

でも世の中上には上があるんですねえ。

今のところ一番のお気に入りMODです。

グリップ感も最高だし、ファイヤーボタンもクリック感がいいです。

スクリーンも綺麗で見やすいですしバッテリーの出し入れも文句ないです。

温度管理もPREDATORと比べて遜色ないですね。

また、前作のeVic Primoは510ピンに多少問題があったようですが今作では改善されているとの事です。

あえてイマイチなところを挙げるとすれば、重量がちょっとありますかね。

それとデザイン上多少倒れやすいかもしれません。

でも流石老舗のJoyetech商品とあって仕上がりは非常に良いです。

初心者から上級者まで多くの皆様に是非使ってもらいたいMODです。

総合評価 : (星4つ半)

メーカー公式ページはこちら

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here