ドリップチップの色々 (アクセサリー)

ベイパーの皆様こんにちは!

最近ちょっと暑くないですか?

こんな日はお洒落なバーのオープン席でビールを飲みながらVAPEをプカプカさせたいですよね~(笑)

さてさて、今回は”ドリップチップ”についてお話させて頂こうと思います。

どんな種類があるの?

まずドリップチップの素材ですが、ガラス、プラスチック、真鍮、デルリン、樹脂、ステンレススチール等様々あります。

ハイパワーでVAPEする方は熱伝導率が低い素材のドリップチップを使用することで大事な唇を熱から守ることができますよwww

デルリンか樹脂がいいでしょうね。

サイズも様々で、大きい物、小さい物、長い物、短い物本当に多くの種類があります。

また、スピットバックを防ぐためにメッシュ加工が施された物や2重構造になっているものなんかもありますのでコレクターにとっては堪らないですwww

どのアトマイザーにも使えるの?

これ、とても重要です。

ドリップチップには大きく分けて3つの規格があり、まず510というサイズ規格が一番多く採用されています。

殆どのサブオームタンクは510ドリップチップが使えるようになっていますね。

次にGOONスタイルと呼ばれるサイズは最近多くのリビルダブルアトマイザーに採用されています。

ベイパーを多く出すために510よりもワイドなドリップチップが好まれるからでしょうね。

3つ目は”その他のサイズ”ということになります。

まあアトマイザーを購入すると基本的にドリップチップが付属しているのでそれを使えばいいんですが。。。

でも自分に合ったドリップチップを使用することでVAPEが更に楽しめるので是非色々な種類を試して頂きたいです。

またドリップチップを変えただけでアトマイザーの雰囲気がガラッと変わりますのでオシャレアイテムとしても重宝しますよ。

あ、それと、例えドリップチップの規格が510でないアトマイザーでもアダプターが付属していれば510ドリップチップが使えます。

アトマイザーを購入する際は必ずドリップチップの規格とアダプターの有無を確認しましょう。

価格は?

海外ショップであれば安いもので1個$1~$3くらいですかね。

5個セットや10個セットなら更に安いですよ。

私の所有するドリップチップの中で一番高いものでも$10しないくらいです。

因みに↓はHeaven Giftsで購入したArctic Dolphinのドリップチップです。

$7くらいだったと思いますが普通のドリップチップと全然違いますよ!

素材がStabilized Woodなので質感が最高です!

どこで買うの?

勿論行きつけのローカルショップやネットで購入してもいいのですが、私がオススメするのはFastTechですね~。

理由は簡単です。

数百種類のドリップチップが低価格で購入できるからです!

私自身一体何個買ったのか忘れてしまうほど一時期はハマってましたね。。。

因みに最近の私のお気に入りはシンプルなデザインのデルリンドリップチップです。

最後に

2~3個くらいはスペアのつもりで購入してみるのもいいのではないでしょうか?

特にRDAではドリップチップが味やベイパーを左右しますのでお金に余裕のある方は色々試してみてください。

そして異性の目を引きたい方は是非ファンキーな物を選びましょう!

確実にモテますwww

というわけで今回はドリップチップについてお話させて頂きました。

機会があればレビューを投稿しますのでお楽しみに!

本日も最後までお読み頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク