リキッドの自作について

ベイパーの皆さんこんにちは!管理人のVape Masterです。

本日はリキッドの自作について少しお話をさせて頂こうと思います。

注 : リキッドの使用については、人体への影響が科学的に立証されていません。また、アレルギー症状を引き起こす可能性がありますので使用は自己責任で行ってください。

さて、VAPEのリキッドは基本的にVG(ベジタブルグリセリン) + PG(プロピレングリコール)+ 香料 でできています。

この材料って普通に市販されているのでリキッドの自作って実はハードル低いんですよね。

まずVGとPGですが、品質が高いとされているのがAMAZONで購入できる株式会社ファンタジーの商品です。
ちなみに最近PGとVGが混合されている商品が新発売されたようですね!
ちょっと前まではVGとPGを別々に購入して自分で混ぜてました(笑)

スポンサーリンク

ちなみにVGとPGの比率ですが、一般的には
・PGが多いと味が乗りやすい
・VGが多いとベイパーの量が多くなりやすい
と言われています。

PGはサラサラした液体でVGは粘り気があります。
長期保存にはPGが多めのリキッドが良いみたいですね。

ちょっと前までは50% : 50%の比率がメジャーでしたが最近はVGが多いリキッドが主流になってきました。

さてさて好みのブレンドでPGとVGを混ぜたらリキッドのベースはできました。
味が殆どないですがこのままでももちろん吸うことができますよ。

でもやっぱりフレーバーは欲しいですよね。

ということで次に香料を加えていきましょう。

香料は基本的に食品香料を使用します。
私はミコヤ香商のオンラインショップで購入することが多いですね。

もちろん複数のフレーバーを混ぜてもいいので組み合わせは無限大です!

お金の節約にもなりますし自分の好みにあったリキッドを作るDIY的な要素があって楽しいですよね。

冒頭でも言いましたがリキッドの使用(自作)に関しては全て自己責任でお願いします。
またリキッドは小さい子供の手の届かない場所に保管してください。

本日も最後までお読み頂きありがとうございました。

スポンサーリンク