【TIGERTEK】MORPHE RDA レビュー

HELLO VAPERS!!!

今回ご紹介するのは【TIGERTEK】MORPHE RDAです!!!

それでは早速スペックからどうぞ~。

スペック(メーカー公式ページはコチラ

  • アトマイザータイプ : RDA(リビルダブルドリッピングアトマイザー / ドリッパー)
  • 外径 : 24mm
  • エアフロー : サイドエアフロー
  • 510ピン : 調整可、突出あり
  • ドリップチップサイズ : 810(510ドリップチップアダプター付属)
  • 付属品 : 510ドリップチップ、510ドリップチップアダプター、スペアOリング、スペアネジ(イモネジ)、スペアスプリング、SQUONKピン、六角レンチ、ユーザーマニュアル(日本語無し)

開封




実は今回初めて【TIGERTEK】の商品をレビューするのですが、パッケージングや付属品は結構シンプルですね。

まあ逆にこれ以上何が必要なのかと問われても答えられませんが(笑)

レビュー

本体はこんな感じで510ピンがいい具合に突出していますね~。

エアフローホールは両側面に比較的大きなものが付いています。

そしてバレル部分は↓のように一体型になっています。


因みに元々付いている810ドリップチップは結構なワイドボアですね。

特徴的なのは外側がローレット加工されているので外すときに掴みやすいという事です。

唇に触れる感覚も悪くないですよ。

で、510ドリップチップとアダプターがコチラ↓

個人的にはちょっと背は低いですが810ドリップチップが好みです。

そして肝心のビルドデッキは、、、


はいドンっ!!!なんじゃこりゃ~!!!

メーカーは「SCREWLESS」と謳っています。日本語だと「ネジ無し」デッキってな感じでしょうか。

これは斬新です。だってコイル入れるのにドライバーやレンチが要らないんですよ!?

しかもジュースウェルが深いっ!!!

それではコイルを入れてみましょう。


うーーーん。。。うんうん。。。確かに指でクランプを押さえて出来た隙間にワイヤーのリードを入れるだけなんで簡単っちゃあ簡単なんですが、、、

コイルの位置を調整(センタリング)するには両方のクランプを同時に押さえないと結構難しいですね。。。

因みに、、、クランプを押さえながらの撮影が難しかったのでメーカーサイトから画像をお借りして説明しますね。

メーカーサイトより引用

 

↑の様な感じでクランプを押さえてワイヤーのリードを入れるのは簡単なんですが、コイルのセンタリングをするには両方のクランプを同時に押さないと片方のリードが固定されてしまっているので上手くいきません。

慣れれば簡単に出来るようになるんでしょうかね。

まあ取り敢えずコットンを入れて吸ってみましょうwww

今回はコイルの位置が高いですし、そもそもジュースウェルが物凄く深いのでコットンは長めに切りました。

それでは吸っていきます。

スーーーッ スパーーーッ スーーーッ スパーーーッ。。。

おお!味が濃いですね!!!しかも結構爆煙です。

あ、因みにエアフローは全開です。

気になるのは「音」ですね。結構大きめです。

次にエアフローを半分閉じてみます。

スーーーッ スパーーーッ スーーーッ スパーーーッ。。。

相変わらず音は大きめですが味が更に濃くなりました。

すこーしだけスピットバックが気になりますかね。

まあコイルと唇との距離がハンパなく近いですからしょうがないと言えばしょうがないですがね、、、

次は単線で組んでみましょうか。

コイルの位置もかなり下にしてみました。

スーーーッ スパーーーッ スーーーッ スパーーーッ。。。

お!味は濃いままでスピットバックと音が軽減されましたね。

個人的にはごついコイルよりもこちらの方が好みです。

とにかく味が良く出ます。

まとめ

【TIGERTEK】MORPHE RDAの感想は、、、コイルのセンタリングに慣れて、コットンを上手く入れる事が出来れば良いRDAだとは思いますが、、、リビルダブルアトマイザー初心者の方にはちょっとハードルが高いかもしれません。

スピットバックが気になる方は単線のスペースドコイルを使用する事をオススメします。

味とベイパーの量は文句無しなので試してみたい方は是非!

因みに価格はEfun.top$29.99です!!!(2018年5月28日現在)。

商品ページは↓から

最後までご覧頂きありがとうございました。

それではまた次回お会いしましょう!さようなら~!

スポンサーリンク